Skype にライブ キャプションと字幕を導入

03/12/2018 | Team Skype | ライブ キャプション

本日は国連が定めた国際障害者デーですが、これに合わせて Skype でも、通話の内容を文字で表示するライブ キャプションと字幕の提供を開始します。 この新しい機能は、最新バージョンの Skype に対応しており、友人、同僚、またはその他の電話番号との 1 対 1 の通話でも、仕事のチームや友人のグループとのグループ通話でも利用できます。 ライブ キャプションと字幕の機能は、Skype コミュニティのすべての人々にとってインクルーシブな体験を可能にするものであり、特に聴覚障碍または難聴の方に適しています。

私たちは、Skype の機能がよりインクルーシブなものとなるように努めてきましたが、ライブ キャプションと字幕も、Skype 通話をよりアクセシブルにする方法の 1 つです。 シンプルな設定で、この機能を 1 回の通話だけに対してオンにすることも、すべての通話に対してオンのままにすることもできます。 ライブ キャプションと字幕は最適化されているため、人間が話すのと同じ速さで、連続して、文脈に合わせて更新されます。 現在、キャプションと字幕は通話の画面で自動スクロールされますが、近日中に他の表示オプションも追加されます。たとえば、専用のサイド ウィンドウの中でスクロールすることもできるので、ビデオとライブ字幕のどちらも、一瞬たりとも見逃す心配はなくなります。 この機能の使用方法については、サポートの記事をご覧ください。

近日追加予定: 翻訳機能で 20 を超える言語をサポート

 

インクルーシビティへの Microsoft のコミットメントを表すために、20 を超える言語をサポートする翻訳機能も今後数週間以内にリリースします。 新しい言語の学習中も、海外の友人が話す内容を理解するのに苦労しているときも、母語ではない言語での会議に出席するときも、この翻訳機能は会話のスピードについていくのに役立ちます。 トグルを切り替えるだけのシンプルな設定で翻訳機能をオンにすると、すべての通話で選択した言語の字幕を読むことができます。

こちらの記事で Skype と Microsoft がどのようにインクルーシビティに取り組んいるかを紹介しています。