Skype のグループ通話または会議で挙手する

2020/10/19 | Skype ブログ | 新機能

Skype でのグループ通話中に "挙手" する機能を追加しました。Windows、Mac、Linux、Android、iPhone、iPad での 8.65 リリースでご利用いただけます。 会議に参加しているときに、発言したいけれども進行中の会話を中断させたくない場合は、バーチャルに挙手してその通話での発言の機会を得ることができます。 この機能は Skype のすべてのプラットフォーム (モバイル、デスクトップ、Web) でご利用いただけます。

挙手する方法

グループ通話中に挙手するには、デスクトップでは画面右下にある通話コントロールから [手を挙げる] を選択します。 モバイルではその他メニュー (3 つのドット) をタップし、[手を挙げる] をタップします


参加者が挙手すると、その通話の参加者全員に通知が送られ、挙手した人の [手を挙げる] ボタンが [手を下ろす] に変化します。このボタンを選択すると、いつでも手を下ろすことができます。


挙手した参加者は、発言を終えたら手を下ろすことができます。 通話の参加者が、他の参加者の手を下ろさせることもできます。このようにするには、その参加者のコンテキスト メニュー (3 つのドット) または参加者リストで [手を下ろす] オプションを選択します。


また、どの参加者が挙手しているかを、次に示すように参加者リスト (アルファベット順) で見ることもできます。 1 回の通話で参加者が挙手できる回数の制限はありません。これは、他の人による操作で手を下ろすことになった場合でも同じです。


この機能を既にモデレート グループでお試しになりましたか? 参加者は、発言したいときに手を挙げることができます。 ただし、モデレート グループ通話では、参加者の手を下ろさせることができるのは管理者だけです。 管理者が参加者の手を下ろさせた場合でも、その参加者が再び手を挙げることは可能です。

注: この機能を使用できるのはグループ通話のみです。

Ramya

Ramya は Skype のソフトウェア エンジニアです。 喜びを与えるお客様エクスペリエンスを作り、届けることが好きです。 自然、音楽、ダンス、ヨガ、メディテーション、そしてアートっぽいものすべてを愛しています。